テクニカル分析って何?

テクニカル分析って何?

テクニカル分析って何?テクニカル分析というのは、値動きのチャート(グラフ)を様々な手法で分析し、相場の動向を予想したり売買のタイミングを計ったりするものです。
FX取引を行う上では、欠かせない知識と言えます。

FXで稼ぐことのできている投資家は、テクニカル分析と経済指標などの重要な情報を組み合わせ、取引を行っています。これを知らずに取引をすることは、非常にリスクの高いことになります。

ただ、初めからそんなに多くの手法を覚える必要はありません。 テクニカル分析は広く浅くよりも、基本を深く身につけたほうが役に立ちます。

ここで紹介する手法の使い方や特性をしっかり理解し、徐々に応用力を磨いて実践していきましょう!

 

テクニカル分析で何がわかる?

テクニカル分析って何?テクニカル分析を知ることによりチャート(相場)の節目を知ることができ、「損切り・利益確定」の判断基準になります。
また、相場の方向性を知ることができます。

世界中のトレーダーがテクニカル分析を投資の判断基準としています。 ダマシも非常に多いですが、相場の方向性を知る重要な判断材料です。

ertfwwafw重要なのは「直近の高値と安値」

重要なのは「直近の高値と安値」色々なテクニカル分析がありますが、特に重要なものは直近の高値と安値(サポート・レジスタンスライン) です。 これを超えるか超えないかで相場の方向性が全く違ってきます。

ertfwwafwチャートの基本は「ろうそく足」

チャートの基本は「ろうそく足」ローソク足は、始値から終値までを「実体」で表しています。
始値より終値が高い場合を「陽線」、始値より終値が低い場合を「陰線」と呼びます。

また、期間中にその実体から上下にはみ出した値を一本線で表し「ヒゲ(髭)」と呼びます。
実体から上にはみ出している線を「上ヒゲ」、下にはみ出している線を「下ヒゲ」と言います。

ertfwwafw分析方法はトレンド系とオシレーター系

分析方法はトレンド系とオシレーター系テクニカル分析は、大きく分けてトレンド系とオシレーター系の2つに分けられます。
この2つを上手く組み合わせながら売買の判断基準とします。

トレンド系:
大きなトレンド(為替の方向性)を表したもの。移動平均線やローソク足が代表的です。

オシレーター系:
これはある一定期間の株価が「売られすぎ」なのか、あるいは「買われすぎ」なのかを表した指標。チャートが変動し、そろそろ上がるか下がるかを予測する際に力を発揮します。RSIやMACD(マックディー)が代表的なものとなります。

テクニカル分析をすることにより、勝率は飛躍的にUPします。 テクニカルの勉強をする時間が無い場合は、インヴァスト証券が提供する無料システムトレード(自動売買)を使えば、テクニカル分析を自動で行い売買タイミングを知らせてくれるシグナルマップを使うことで代用できます。

初心者でも簡単にテクニカル分析が行える、外為オンラインはオススメ!

 

 

 

おすすめの人気FX会社

外為オンライン
外為オンラインFX初心者でも取引ができる!わかりやすいシステム! 外為オンラインはテレビCM等でお馴染みの、総合的に評価の高いFX会社です。 元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベル! また、初心者に配慮した各種情報ツールが充実しており、24時間の電話サポートやセミナー等、初心者でも安心して使える環境が整っています。低コストなだけではなく、初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランス良く搭載しています。
スプレッド 米ドル/円=1.0銭,ユーロ/円=2.0銭,ポンド/円=3.0銭,豪ドル/円=3.0銭,ユーロ/米ドル=1.0pips
取扱通貨ペア 米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
マネックスFX
米ドル/円のスプレッドが業界最狭水準! マネックスFXは、大手ネット証券会社のマネックス証券が提供するFX専用サービスで、 最低取引単位が1,000通貨単位(約5千円)となっていて、FX初心者の方でも少額から始められます。 マネックスFXで特筆すべきは、米ドル/円のスプレッドが0.2銭~と、業界最狭水準のスプレッドを提供していて、取引コストがとても安く、お得に取引ができます。 また、プロの開催するオンラインセミナーを頻繁に実施し、初心者の方もマネックスFXなら、しっかりFXを勉強できます。 オンラインセミナーは取引の参考になると高い評価を得ていますので、投資情報と合わせてスキルアップは間違いないところです。その他、FX取引が初めての方でも使いやすいブラウザツールや、プロ仕様の高機能トレードツール「MonexFX SPEED」もユーザーからも高評価で、 ソフト面・ハード面共に、充実しているのは、さすがマネックス証券グループのFX会社だと言えます。
スプレッド 米ドル/円=0.2銭,ユーロ/円=0.5銭,ポンド/円=1.3銭,豪ドル/円=0.5銭,ユーロ/米ドル=0.5pips
取扱通貨ペア (全13通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
YJFX!
ヤフーグループのFX専門会社! 多くの人が利用している YJFX!のスマホ取引ツール「Cymo(サイモ)」は、リアルタイムで相場や口座状況を確認しながらワンタップで注文できる「ワンタッチ注文」を始めとした充実の注文機能を備えており、チャンスを逃さず、いつでもどこでもFXトレードが行えます。そして、FX初心者にも始めやすい1,000通貨単位(約4,000円)で取引が可能なのも魅力です。また、スワップポイントが業界最高水準で、豪ドル/円、NZドル/円などの高金利通貨は他社を寄せ付けない、魅力的なスワップポイントを提供しています。銀行の外貨預金より、YJFX!の方が断然お得ですよ!
スプレッド 米ドル/円=0.3銭,ユーロ/円=0.6銭,ポンド/円=1.1銭,豪ドル/円=0.7銭,ユーロ/米ドル=0.5pips
取扱通貨ペア (全22通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
GMOクリック証券
スプレッド原則固定で業界最狭水準!取引ツールの使いやすさも第1位! GMOクリック証券はスプレッドが業界最狭水準ということもあり、利用者も多く、3年連続でFX取引高世界第1位を獲得している大人気のFX会社です。また、オリコンの顧客満足度ランキングのFX部門で、取引ツールの使いやすさ第1位を2年連続で獲得するなど、スプレッドだけでなく、取引ツールの使いやすさも人気の理由で、総合力の高いFX会社と言えます。取引通貨単位が1万通貨からとなっているので、初心者でも資金的な余裕がある方におすすめです。
スプレッド 米ドル/円=0.3銭,ユーロ/円=0.6銭,ポンド/円=1.1銭,豪ドル/円=0.7銭,ユーロ/米ドル=0.5pips
取扱通貨ペア (全14通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 10,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
外為ジャパン
外為ジャパン業界最強水準のスプレッドが魅力!安心の1,000通貨単位の取引が可能なFX会社! 外為ジャパンは、業界初となる「ドル円スプレッド=1銭」にした元祖でもあり、現在もFX会社の中では最狭水準のスプレッドを提供しています。外為ジャパンの魅力は1,000通貨(約4,000円)から取引できることと、ブラウザ型の取引ツールが豊富なことです。また、スマホアプリも充実しており、iPhoneユーザーにはとっても使いやすいと評判の会社です。
スプレッド 米ドル/円=0.3銭,ユーロ/円=0.6銭,ポンド/円=1.1銭,豪ドル/円=0.8銭,ユーロ/米ドル=0.5pips
取扱通貨ペア (全20通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
インヴァスト証券(シストレ24)
FX初心者にこそおすすめ!自動売買システムが多数! FX初心者でもプロの力を借りて、簡単に賢く取引できる、インヴァスト証券の話題の選択型自動売買サービス「シストレ24」。シストレ24は、世界中のFXのプロが作った自動で売買してくれる優秀なシステムを選択して、自動的にFX取引ができる画期的なサービスです。直感的で見やすいシステム設計やアイコン表示でFXに不慣れな初心者もで画面を見ながら簡単に設定ができます。
スプレッド 変動スプレッド採用のため、当項目では掲載しておりません。
取扱通貨ペア (全26通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
ヒロセ通商
ヒロセ通商取扱通貨ペアが50種類と豊富!キャンペーンが充実しているFX会社 ヒロセ通商の魅力は取扱通ペア数が50種類と豊富で、メジャー通貨ペアだけでなく、マイナー通貨ペアも取引可能です。また、マイナー通貨ペアでもスプレッドは他社と比べてもとても狭く設定されている点も◎です。そして、ヒロセ通商はスプレッドが狭いだけでなく、約定率(99.9%)、約定スピード(0.001秒)が非常に優れているので、安心して取引できるFX会社です。キャンペーンも随時行っているので、お得に楽しく利用できるおすすめのFX会社です。
スプレッド 米ドル/円=0.3銭,ユーロ/円=0.8銭,ポンド/円=1.3銭,豪ドル/円=0.9銭,ユーロ/米ドル=0.5pips
取扱通貨ペア (全50通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
みんなのFX
みんなのFX初心者におすすめ!4千円から始められる評判のFX会社 FXをはじめるなら「みんなのFX」がおすすめです!スプレッドは業界最狭水準ですし、1,000通貨単位(約4,000円)から取引を始めることができます。また、初心者にとってありがたい、著名トレーダーによる役に立つ無料オンラインセミナーが毎月開催されていて、トレード手法や相場見通し予想などを学ぶことができます。その他、初心者でも簡単に使える取引ツールや操作性抜群のモバイル取引システムも充実しており、口座を持っておきたいおすすめのFX会社です!
スプレッド 米ドル/円=0.3銭,ユーロ/円=0.6銭,ポンド/円=1.0銭,豪ドル/円=0.7銭,ユーロ/米ドル=0.5pips
取扱通貨ペア (全16通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
   
FXプライムbyGMO
FXプライムbyGMO高機能な取引ツールと強靭な取引システムを提供! FXプライムbyGMOは、速報系ニュースに加えチャート分析や市場動向に基づいた戦略情報やレポートなど多種多様な情報が無料で利用できるだけでなく、未来の為替レートの動きを予想するツールやセミナーなど、取引に役立つサービスが充実しています。また、FXプライム byGMOは、24時間完全監視体制の強靭な取引システムを提供しており、サーバーの強さは業界随一で、いつでも取引チャンスを逃すことなくトレードできる環境には定評があります。
スプレッド 米ドル/円=0.6銭,ユーロ/円=1.3銭,ポンド/円=1.8銭,豪ドル/円=1.3銭,ユーロ/米ドル=1.0pips
取扱通貨ペア (全14通貨)米ドル/円,ユーロ/円,ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,・・・など
最小取引単位 1,000通貨~
詳しくはこちらへ
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

オススメFX口座ランキング

  1. ランキング1位
    【第1位】外為オンライン
    外為オンライン初心者から上級者まで、…
  2. ランキング3位
    【第2位】YJFX!
    YJFX!約4,000円から始められ…
  3. ランキング4位
    【第3位】GMOクリック証券
    GMOクリック証券スプレッド原則固定…
  4. ランキング5位
    【第4位】外為ジャパン
    外為ジャパン業界最強水準のスプレッド…

ピックアップ記事

  1. FXのメリットを知ろう

    FXのメリットを知ろう

    小額で大きな取引!FXでは投資資金(証拠金)の最大25倍の取引が可能です。(レバレッジ)つまり、…
  2. バイナリーオプション

    バイナリーオプション

    最新の投資法と言われる「バイナリーオプション」!FXのバイナリーオプションには、大きなメリッ…
  3. 移動平均線って何?

    移動平均線って何?

    移動平均線とは、一定期間のにおける価格の平均値を表したもので、数あるテクニカル指標の中でも最もよく使…
  4. テクニカル分析って何?

    テクニカル分析って何?

    テクニカル分析というのは、値動きのチャート(グラフ)を様々な手法で分析し、相場の動向を予想したり売買…
  5. デイトレード

    デイトレード(デイトレ)

    デイトレード(デイトレ)とは、数分から~数時間の短い時間で利益(pips)をこまめに稼ぐ手法のことい…
  6. ろうそく足って何?

    ろうそく足って何?

    株価や為替の値動きをわかりやすく、グラフ化したものをチャートと呼びます。その代表的なものが、ろうそく…
  7. システムトレード(自動売買)

    システムトレード(自動売買)

    最新の投資法と言われる、FXのシステムトレード!プログラムを選ぶだけで、プロのようにFXの取引が…
  8. FXとは何だろう?

    FXとは何だろう?

    FXは、出勤時の電車やバスの待ち時間、お昼休みや休憩時間など、毎日の空いた時間でPCやスマホで、簡単…
  9. スキャルピング

    スキャルピング

    スキャルピングとは、昔インディアンが白人との戦いに勝った時に行う 相手の ”頭の皮を剥ぐ”行為のこと…